_  _  _
【2010年09月30日 23:00】



★★★★★★★★重賞レースデータ分析★★★★★★★★
※データは2003年から過去7年間における3着以内馬を対象。
【スプリンターズS】
data101003_1.gif
・8枠不振
・3~6(7)歳馬
・安藤勝騎手、池添騎手
・上がり3Fは34秒決着
・446kg以上
・関西馬有利
・母父ノーザンダンサー系
・前走クラスはGI~GIII
・セントウルS組が好相性
・近3走で2着以内アリ
・前走距離は芝1000m~芝1600m
・前走の上がり.Fは35.7秒以内
《その他の注意点》
※1着は逃げ先行馬
※差し追込はサンデーの血が必要
※サンデー系産駒はは5番人気以内
※休み明けは3番人気以内
※セントウルS組の特徴
 →逃げ先行した馬は連対or惨敗
 →差した馬はの3~5着のチョイ負け
 →同レースで5番人気以内
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
斬れ味よりも粘り強さが求められるGIレースで、同距離の高松宮記念とは基本的に逆の資質が必要です。
ただ、極端な高速馬場or極悪不良馬場ならば、前に行ったモン勝ちになることも珍しくありません。
海外の強豪馬も参戦し、非常に興味深い秋GIの開幕戦となりそうですね。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ↓訪問&閲覧していただきましてありがとうございます。
 ↓『戻る』や『タブを閉じる』その前に!
 ↓どうぞランキングバナーのクリックをお願いします(^0^)♪
_にほんブログ村 競馬ブログへ_ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

【2010/09/30 23:00】 | 競馬データ分析
|
【2010年09月26日 11:00】



【オールカマー】
中山巧者が活躍するしースで、副題を仕けるならば『マツリダゴッホメモリアル』(笑)
ロングスパート勝貞に強いマクリ脚を持つ馬を狙いたい。
★結論★
◎トウショウシロッコ
強く買いたい馬がおらず、『永遠の△印』が押し出されて本命に。
○ジャミール
中山重賞の成績がひど過ぎるアンカツさんが唯一の不安材料。
△ミッキーミラクル
騎手が横山典弘。
それだけ!(笑)

ミステリアスライトは斬れ過ぎる脚質が逆に合わないのでは?と思いました。

【神戸新聞杯】
5本の指に入るであろう堅い重賞の1つ。
実績もさることながら、近走の順調度も重要。
◆結論◆
◎レーヴドリアン
春から決めていた今年の菊花賞馬が待望の鞍上変更。
なんとかコッソリと3着で優先出走権を獲得してほしい。
〇ローズキングダム
『ミスター神戸新聞杯』をヤネに迎えて、前哨戦でも格好をつけてくれるはず。
△シルクオールディー
ビッグウィークと迷ったが、どうも頭が高く距離延長に疑問を持フたのでコチラをチョイス。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ↓訪問&閲覧していただきましてありがとうございます。
 ↓『戻る』や『タブを閉じる』その前に!
 ↓どうぞランキングバナーのクリックをお願いします(^0^)♪
_にほんブログ村 競馬ブログへ_ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

FC2blog テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

【2010/09/26 11:00】 | 競馬予想
|
【2010年09月24日 23:00】

★★★★★★★★重賞レースデータ分析★★★★★★★★
※データは2003年から過去7年間における3着以内馬を対象。

【オールカマー(GII)】
data100926_1.gif

・横山典騎手、蛯名騎手
・追い込み馬は苦戦
・上がりは34~35秒台決着
・国枝厩舎
・父はノーザンダンサー系、サンデーサイレンス系
・母父は欧州的スタミナ内包血統
・前走は5月中旬以降
・前走は札幌、新潟が活躍
・前走クラスはGI~OP特別なら3着以内
・前走着順は9着以内
・近3走で3着以内の経験が欲しい
《その他の注意点》
※追込は3着まで
※6歳の逃げ注意
※新潟記念組の穴
※同距離~距離延長組が有利

毎年、中山巧者が大暴れする野芝開催の特殊なレースです。
小回りのロングスパートに対応できる器用で粘着力の強い末脚を持つ馬を狙いたいところ。

【神戸新聞杯(GII)】
data100926_2.gif
・やや外枠有利
・差し追込が活躍
・武豊騎手、四位騎手
・上がりは34~35秒台決着
・7番人気以内の馬で決着
・関西馬が圧倒
・橋口厩舎
・社台系関連馬
・父はターントゥ系
・母父は欧州的スタミナ内包血統
・休み明けGI組が活躍
・近3走で3番人気以内の経験アリ
・近3走で3着以内の経験アリ
・前走距離は芝の1800~2400

ダービー好走馬が出走すればまず荒れない堅い重賞です。
ただ、ダービーよりもスタミナを必要とし、一瞬の斬れだけで実績をあげてきた馬には注意が必要な面もありますね。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ↓訪問&閲覧していただきましてありがとうございます。
 ↓『戻る』や『タブを閉じる』その前に!
 ↓どうぞランキングバナーのクリックをお願いします(^0^)♪
_にほんブログ村 競馬ブログへ_ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

FC2blog テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

【2010/09/24 23:00】 | 競馬データ分析
|
【2010年09月23日 23:00】

【セントライト記念】
非常に見応えのあるレースでした。
2着のヤマニンエルブは「祖父ディクタスのスタミナ」と「父サッカーボーイの激しい気性」を併せ持った馬ですね。
本番を見据えて2~3番手の競馬を試すのかなと思ってましたが、そんなことはお構いなしの十八番戦法で優先出走権を獲得です。
淀の3000mではもう少し工夫が必要な気もしますが、母系の魅力もあり、大いにレースを盛り上げてくれるでしょう。

◎のファーストグロースは実力差もあったでしょうが、逃げ馬の怪ペースに巻き込まれた追走グループでの競馬で惨敗。
平均ペースな自己条件でもう一度見てみたいところです。

勝ったクォークスターはアグネスタキオン産駒特有の素晴らしい末脚。
ちょっと「ハマッた感」もありますが、キッチリ捕らえたあたりは非常に評価を高めたんではないでしょうか?
ただこちらも「伝家の宝刀」を抜いてしまった気がするところであり、「皐月賞のブラックタイド」のようににならないことを祈ります。

3着のアロマカフェは「俺は賞金足りてるんだぜぇ~」という、天才の芸術的な騎乗でした。
次の乗り替わりが誰だか分かりませんが、内枠から器用に回れば戦えるんじゃないでしょうか?

【ローズS】
◎のタガノエリザベートはまさかのシンガリ負け(恥)
「おいおい、京都の内回りでも無いのに、どこで仕掛けとるねん!」というラストスパート。
同じ位置でガッチリと我慢して2着したアンカツさんはサスガですなぁ。

勝ったアニメイトバイオは一瞬挟まれそうになるも、そのタメを活かした爆発力で差し切り。
馬体重の大幅な増減が無くなり、2歳時に府中で見せた斬れ味が戻ってきた感じです。
その分、次走の小回りコースでどのような騎乗を見せてくれるのか、今から楽しみです。

人気のアパパネは厳しいマークで仕掛けが難しかった感じです。
ただ、窮屈な競馬を経験し、また、明らかな叩き台の仕上げだったことも否定出来ません。
別に無敗で来ているわけでもありませんので、今回は100点満点のトライアルだったんじゃぁないでしょうか?

あと、エイシンリターンズは新たなる「ブロンズコレクター」の予備軍として温かく見守って行きましょう。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ↓訪問&閲覧していただきましてありがとうございます。
 ↓『戻る』や『タブを閉じる』その前に!
 ↓どうぞランキングバナーのクリックをお願いします(^0^)♪
_にほんブログ村 競馬ブログへ_ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

FC2blog テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

【2010/09/23 23:00】 | 競馬結果
|
【2010年09月19日 11:00】

【セントライト記念】
★結論★
ファーストグロース
かなり強そうなので本命!
………と思っていましたが、単勝オッズを見て、約10年間つちかった自分の競馬感覚を疑いました…(涙)
でもまぁ、新潟→中山替わりの一変は可能なはず。
フェイルノート
『ボリクリ×サンデー』の2頭目。
中山は松岡に任せておけば大丈夫。
ヤマニンエルブ
『サッカーボーイ×ティンバーカントリー×サドラーズウェルズ×ブラッシンググルーム』はどう見ても菊花賞馬の血統。
是非とも本番に出走してほしい。
ってゆうか、菊花賞を勝つと思う馬をセントライト記念で買うのは違う気がするし、中途半端に穴人気もしてるが…。
ミッションモード
『ガリレオ×モンズン』という血統を見ただけでいつも応援の馬券を買ってしまう。
今年の最終目標であろうステイヤーズステークス出走に向けて2着賞金を加算して欲しい。

【ローズS】
★結論★
タガノエリザベート
普通に考えれば狙いは京都での本番だろうが、持っている武器はメンバー中ピカイチ。
近頃の川田騎手とは馬券の相性が悪いので、そろそろ取り返したい!
アパパネ
ここは能力の違いで勝ち負け。
春の二冠は無印にしてしまったが、四冠を狙える逸材かも。
アニメイトバイオ
イメージでは、ここで鬼脚を繰り出し秋華賞では撃沈。
2~3着狙いの極端な騎乗を希望。

3日間開催なので騎手&厩舎関係者の方々は大変でしょうが、素晴らしい競馬を見させてくださいませ。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ↓訪問&閲覧していただきましてありがとうございます。
 ↓『戻る』や『タブを閉じる』その前に!
 ↓どうぞランキングバナーのクリックをお願いします(^0^)♪
_にほんブログ村 競馬ブログへ_ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

FC2blog テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

【2010/09/19 11:00】 | 競馬予想
|
【2010年09月16日 23:00】

★★★★★★★★重賞レースデータ分析★★★★★★★★
※データは2003年から過去7年間における3着以内馬を対象。

【セントライト記念(GII)】
data100919_1_1.gifdata100919_1_2.gif
data100919_1_3.gif

・蛯名騎手
・上がりは35~36秒決着
・二ノ宮厩舎
・社台系生産馬・金子馬
・父ターントゥ系
・母父ノーザンダンサー系
・前走クラスはGI~500万下なら2着以内
・前走は9番人気以内(GI除く)
・近3走で3着以内アリ
・前走距離は1400m~2600m

昨年は2着馬が出たものの、本番の菊花賞には繋がりにくい持続力重視のトライアル戦です。
夏の上がり馬が勢いのまま通用することが多く、人気先行の実績馬は疑ってかかりたいところ。

【ローズS(GII)】
data100919_2_1.gifdata100919_2_2.gif
data100919_2_3.gif

・やや外枠有利
・安藤勝騎手、武豊騎手、福永騎手
・上がりは33~34秒決着
・松田国厩舎
・社台系生産馬
・関西馬が圧倒的
・父サンデーサイレンス系
・馬券圏内の5割以上が休み明け
・特に前走オークス組が活躍
・前走クラスはGI~500万下なら1着
・近3走で5着以内アリ
・前走距離は1500m~2400m
・前走の戦法が差し追込

阪神外回りに変更されて、直線勝負の斬れ味自慢対決へと変貌しました。
よって、桜花賞・オークスと直線の長い舞台で活躍してきた馬を素直に信頼したいところです。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ↓訪問&閲覧していただきましてありがとうございます。
 ↓『戻る』や『タブを閉じる』その前に!
 ↓どうぞランキングバナーのクリックをお願いします(^0^)♪
_にほんブログ村 競馬ブログへ_ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

FC2blog テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

【2010/09/16 23:00】 | 競馬データ分析
|
【2010年09月12日 23:00】

11日(土)の囲碁将棋ジャーナルには広瀬王位が登場しました。
タイトルを奪取したもののハニカミながら話す仕草は相変わらずで、現役大学生というミスマッチが良いスパイスになっています。
でもまぁ、一番ビックリしたのは熊倉女流が清水王将を撃破してたこと!
いつもホンワカニコニコしている彼女が将棋を差している模様を見たことがありませんので、本当にじっと盤面に向かっているのか不思議でたまりません。

囲碁の解説は石倉昇九段でした。
昨年に放映されてたこの人の講座で初めて囲碁を勉強しましたが、今では『入れてください→入れません』というフレーズしか覚えていないのが哀れなところです…。

翌日の将棋講座は先週に続いて8五飛戦法がテーマ。
解説を見終わるとすぐに差してみたくなるのは説明が上手だからなんでしょうか?
あわててニンテンドーDSを引っ張りだして『銀星将棋DS』で試しちゃいました。

また、阿久津先生の少年時代の写真が紹介されてましたが、昔からおでこが広かったんですねぇ。

トーナメントはタニーvs豊島きゅんでしたが、これで対戦成績がまさかの0勝3敗。
今回の敗因はうっかりミスだったんでしょうが、関西将棋会トップを相手に見事な結果です。

それにしても豊島五段はどんどん勝又六段に似てきましたな。
そのうち『助教授』や『准教授』といったニックネームがつきそうです。
あと、読み上げの藤田綾女流初段はダイエットしているのか、どんどん綺麗で魅力的になってますね。
ますますバストに目が行ってしまうのも健康的男子の悲しい性(サガ)ですが…。
(;´д`)


追記を閉じる▲
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ↓訪問&閲覧していただきましてありがとうございます。
 ↓『戻る』や『タブを閉じる』その前に!
 ↓どうぞランキングバナーのクリックをお願いします(^0^)♪
_にほんブログ村 競馬ブログへ_ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

FC2blog テーマ:将棋 - ジャンル:ゲーム

【2010/09/12 23:00】 | 将棋
|
【2010年09月12日 23:00】

【セントウルS】
◎のショウナンカザンは3~4コーナーで位置取りを悪くし、直線でも前が塞がってしまい万事休す。
和田騎手らしい積極的な騎乗が見られずに残念です。

勝ったダッシャーゴーゴーは「どうせ1分08秒0でしか走れないから勝ち負け出来ないだろう」と考えていましたが、1分08秒0の時計で勝たれてしまいました(爆)
キンシャサがいればもう少し厳しい流れになっていたのでしょうが、昨日から川田騎手との相性が良くありません…。
グリーンバーディーの末脚には目を見張るものがありました。
今回の斤量差を考えれば、本番ではさらなる人気を背負うでしょうね。

【京成杯AH】
◎のフライングアップルは抜群の手応えで4着。
そんなに斬れる馬じゃないのに、横山騎手は前をかわいがり過ぎですよね。
早目につぶしておけば、キョウエイアシュラとの馬連を頂いていたはずやのに。
なんかもう1回走れば全馬の着順がガラリと変わりそうなレースでしたが、これもまた中山マイルの醍醐味です。
期待した爆速時計も見られませんでしたが、今後の重賞戦線に向けて巻き返してくる馬が多そうなので、しっかりと復習しておきたいと思います。

ところで、競馬中継は関西テレビ制作の競馬BEATへ戻りましたが『あっ!そういえば司会には金子賢がいてた!』と思い出しました。
少しはマシになったかと思いきや、進歩の無い台本棒読み丸出しのトークには観ているこちらが恥ずかしくなります。
ホンマに役者なのでしょうか?
でもまぁ、カワイイ石山愛子さんと久々に逢えたのでプラスマイナスゼロな残暑厳しい日曜日でした♪


追記を閉じる▲
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ↓訪問&閲覧していただきましてありがとうございます。
 ↓『戻る』や『タブを閉じる』その前に!
 ↓どうぞランキングバナーのクリックをお願いします(^0^)♪
_にほんブログ村 競馬ブログへ_ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

FC2blog テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

【2010/09/12 23:00】 | 競馬結果
|
【2010年09月11日 23:00】

【京成杯オータムハンデ】
★結論★
フライングアップル
1200mでは置いていかれるようなズブさを見せ始めただけに距離延長はプラス。
このレースに強いレッドゴッド系の血も持っています。
キョウエイアシュラ
持ちタイムが優秀な上、鞍上強化が非常に頼もしい。
キャプテンベガ
2戦凡走を続けた後には必ず馬券に絡む法則があり、今回はその順番です。
ファストロック
母父がレッドゴッド系であり、先行力を生かす展開になれば一発も。
藤沢和雄調教師はこのレースに相性良し。

【セントウルS】
ショウナンカザン
毎年馬券に絡んでいるサクラバクシンオーの系統で、前走は猛ペースを先行してかなり粘り込みました。
鞍上は名手・和田騎手。
スカイノダン
またもや大外枠ですが前走の重賞初挑戦は好内容の競馬でした。
グリーンバーディー
短距離戦の香港馬は黙っておさえておきたいところです。
デインヒルの系統なので高速決着にも対応出来ると信じております。

来週には早くも三冠最終戦のトライアルレースが組まれています。
このクソ暑い天気が続くと本番に悪影響が無いか心配ですが、競馬ファンの心のヒートアップは間違いなしです。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ↓訪問&閲覧していただきましてありがとうございます。
 ↓『戻る』や『タブを閉じる』その前に!
 ↓どうぞランキングバナーのクリックをお願いします(^0^)♪
_にほんブログ村 競馬ブログへ_ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

FC2blog テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

【2010/09/11 23:00】 | 競馬予想
|
【2010年09月11日 11:00】

なんとも寂しいメンバー構成なのに「ベストメンバー」が出走とはコレいかに?(笑)
ブログを開設して一発目となる競馬予想ですが、まるでタイキシャトルのパドックのように、全く気合いが入りません。
まぁ、お金に余裕がある方々のための銀行レースでしょうが、世間では本当の銀行がつぶれてしまうニュースが騒がれており、油断は禁物なのかもしれません…。

★結論★
◎キャプテントゥーレ
強いライバルがいますが、今後の天皇賞(秋)&マイルCSではあまり買いたくないタイプなので、ここでしっかりと力を発揮して頂きたい。
○アドマイヤメジャー
こちらが1番人気ですか。
まぁ、単勝馬券を買うわけではないので気にしませんが、変な後方待機とかしなければ普通に好走するのでは?
△ニルヴァーナ
他に買いたい馬がおらず、3着候補としてヒネリだしました。
ドリームフライトに行かせて前々に付ければ開幕週の芝を味方に出来るはず。

以上の3頭で軽~く見守り、明日の重賞2鞍に臨みたいところですが、前売り単勝オッズの割れ方を見て唖然。
今夜も違う意味で悩むことになりそうです(汗)

→→→9月12日23時追記
いや~、恐れていた「変な後方待機」が炸裂してしまいました…(涙)
小牧騎手が異常に乗れていたってのもありますが、川田騎手も「自分のお手馬には負けられない!」といった騎乗を見せてくれると信じていたんですがねぇ。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ↓訪問&閲覧していただきましてありがとうございます。
 ↓『戻る』や『タブを閉じる』その前に!
 ↓どうぞランキングバナーのクリックをお願いします(^0^)♪
_にほんブログ村 競馬ブログへ_ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

FC2blog テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

【2010/09/11 11:00】 | 競馬予想
|
【2010年09月10日 23:00】

★★★★★★★★重賞レースデータ分析★★★★★★★★
※データは2003年から過去7年間における3着以内馬を対象。
【朝日チャレンジカップ(GIII)の傾向】
・やや外枠有利
・牡馬セン馬の3~7歳
・先行&差し脚質が有利
・上がりは34~35秒決着
・1番人気強し
・父サンデーサイレンス系が活躍
・前走クラスはGI~1600万下ならば1着
・近3走で8着以内がアリ
・前走距離は芝1600m~2400m
・前走は1着or着差が0.9秒以内
《その他の注意点》
※外枠のサンデーサイレンス系
※前走GIの距離短縮組み

開幕週の重賞ですが逃げ馬は苦戦してますね。
とは言うものの、さすがに直線一気の脚も決まりにくく、ある程度の流れに乗れて安定した決め手を持つ馬が有力なようです。

【京成杯AH(GIII)の傾向】
・内枠+7枠(特に2枠は鬼)
・後藤騎手・江田照騎手
・上がりは34~35秒決着
・関東馬が健闘
・藤沢和雄厩舎
・マイネル軍団
・父はノーザンダンサー系、サンデーサイレンス系
・母父がミスプロ系の馬
・前走クラスはGI~1600万下なら9着以内
・前走関屋記念組み
・近3走で8番人以内を経験
《その他の注意点》
※関屋記念組みは2着まで
※外枠は先行戦法が必須
※先行出来る母父ミスプロ
※穴になるノーザンダンサー系の3歳馬
※休み明けは同距離~距離短縮組みのみ

速い流れを追走してラストも踏ん張り切る持続型の脚が必要で、高速決着に対応できる持ち時計にも注意が必要です。
また、開幕週の中山マイルということで、外枠は明らかに不利なようです。
超ハイペースにでもならないと出番は無いでしょうね。

【セントウルS(GII)の傾向】
・やや外枠有利
・牝馬が活躍
・福永騎手
・逃げ先行
・上がりは33~34秒決着
・1~2番人気強し
・470kg以上の大型馬
・橋口弘厩舎
・父はヘイロー系、サクラバクシンオー
・母父にノーザンダンサー系
・前走クラスはGI~OP特別なら8着以内
・前走は9番人気以内
・前走は9着以内
・近3走で2着以内がアリ
・前走距離は芝1000m~1800m
《その他の注意点》
※差し追込は2着まで
※休み明けは2着まで
※距離短縮組みは2着まで
※内枠の牝馬
※穴馬は先行した馬のみ
※休み明けの距離短縮組み

先行出来なければお話にならない開幕週の6ハロン戦です。
GIをにらむ実績馬が始動戦として活躍してますが、夏の勢いで通用(特にサマーシリーズ狙い)することもあり、見極めがポイントになってきそうです。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


追記を閉じる▲
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ↓訪問&閲覧していただきましてありがとうございます。
 ↓『戻る』や『タブを閉じる』その前に!
 ↓どうぞランキングバナーのクリックをお願いします(^0^)♪
_にほんブログ村 競馬ブログへ_ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

FC2blog テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

【2010/09/10 23:00】 | 競馬データ分析
|
【2010年09月09日 23:00】

第58期王座戦第1局は藤井てんてーの敗北という順当(?)な結果に。
しかしまぁ、今年の羽生三冠は先手番では負け無しだそうで、緒戦は振り駒に負けたという感じでしょうか?
詳しい内容に関しては、囲碁・将棋ジャーナルでの広瀬『王位』による解説で楽しませて頂きたいと思います。

それにしても相変わらず藤井先生は2ちゃんねるで大人気ですね。
こうゆう素晴らしい人物が日本経済回復への起爆剤となる事を願う次第であり、次局は先手番ですので『タイトル戦での鰻屋矢倉』に期待したいところです。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ↓訪問&閲覧していただきましてありがとうございます。
 ↓『戻る』や『タブを閉じる』その前に!
 ↓どうぞランキングバナーのクリックをお願いします(^0^)♪
_にほんブログ村 競馬ブログへ_ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

FC2blog テーマ:将棋 - ジャンル:ゲーム

【2010/09/09 23:00】 | 将棋
|
【2010年09月08日 23:00】

今週のNHK教育テレビ『テストの花道』のテーマは『志望理由書を書くチカラ』でした。
今の学生さんたちは羨ましいですね。
だって、こんなに分かりやすくポイントを教えてくれる番組が用意されているのですから。
このようなチカラは受験だけでなく、社会に出てからも真価を問われる機会があります。
そのため、大人が視聴しても大変勉強になります。
『自分も学生時代にこんなテクニックを知っていたらなあ』としみじみ思う次第であります。

ただ、ここで疑問に浮かぶことがあります。
それは『本来のターゲットである学生たちは、自己成長につながる番組だと感じているのだろうか?』というものです。

なぜなら、多くの人は日常生活の中で『相手へ意志を伝えることに支障をきたしていない』と考えています。
つまり『今のままの自分で問題ない』と思い込んでいるからです。
「お腹がすいた」「その本を下さい」「カワイイですね」などなど、普段のコミュニケーションで苦労することはありません。
ですので、わざわざ『相手に伝えるチカラ』を練習して向上させようとは思いません。
よって、普通の受験生ならば「そんな時間があるなら、もっと英単語を覚えよう」となるのです。

要するに、こういうチカラをまだ身につけていない者ほど、このような番組へ着目しにくいのです。
人というものは、興味の無いもの(関係ないと思っているもの)に対しては学習をしません。
脳機能学者であるドクター苫米地の言葉を借りると『人間は重要度の低いものが見えない』という現象です。
もし、偶然に有益な情報を手に入れたとしても、自分に関係が無いと判断してしまえば、左耳から右耳へ流れ抜けていくのです。

たとえば、お笑い芸人・麒麟の田村さん(ホームレス中学生)。
彼は中学時代まで『人は鼻で呼吸が出来る』という事を知らなかったそうです。
教室での友人とのおしゃべりで『朝起きたら、口の中が乾いて苦しいよなぁ~』と切り出したそうです。
当然、友人は『口だけで呼吸するからじゃないの?』と指摘します。
その瞬間に鼻呼吸の存在を知り、『ホンマや!メッチャ楽チンやん!』と気付いたそうです。

常識では信じられないエピソードであります。
あまりにも当たり前過ぎる事なので、周りで『鼻呼吸』をしている人間たちに囲まれて生活してきたにもかかわらず、知ることがなかった典型的な話です。
彼はこれまで無事に生きてこれたたので、改めて他人に呼吸の方法を聞くことなんてしません。
疑問に思うこともなかったのです。
今回は偶然の会話によって『気付き』を得ましたが、そうでなければ現在も『鼻呼吸』という言葉さえ知らなかったことでしょう。

では、受験生はどのタイミングで自分が欠けている能力に『気付く』のでしょうか。
その代表としては『生まれて初めての状況下に立たされて、失敗してしまった時』です。
面接、プレゼンテーション、業務報告など、決して学生時代では経験するチャンスがないような場面です。
逆に言えば、困難や壁、失敗に向き合って初めて『気付く』チャンスが巡ってくるものなのです。
もし、田村さんが口にガムテープを貼られるような事があれば、自力で鼻での呼吸に目覚めていたのでしょう(笑)

だから、まだ受験に失敗していない学生さんたちの心には、なかなか届きくいのです。
実際に試験と対峙して『ふむぅ…、なんだか、面接官へ理路整然と伝えられないや…』とヘコまされた瞬間、自分が学ばなければならなかった事柄や、自分に欠けている能力を強く認識します。
当然、その受験は失敗に終わってしまうのでしょうが。
反面、こうゆう番組の存在に気付きやすくなります。
まるで自分に対して放送してくれているような錯覚が起こります。
その結果、視聴しても身につきやすいのです。

そう考えてみると、この番組内で一番勉強になっているのは顧問の所ジョージさんと部長の城島リーダーなのかもしれませんね。
お二人もよく『俺もこんな方法を学生時代に知りたかった』とおっしゃってますが、経験を踏まえた上での言葉であり、だからこそ非常に説得力を感じるのです。

っとまぁ、いろいろと述べて参りましたが、このような理論が正しいとするならば、ワタクシ自身の考えにも疑問が生まれてきます。
冒頭での『今の学生には、こんなに分かりやすくポイントを教えてくれる番組が用意されている』という考え自体が怪しいことになります。
そう、実は『過去にも同様の番組が放送されていたが、全く気付いていなかっただけ』という可能性があるのです。
きっと、テレビをザッピングして目に止めたものの、別のチャンネルへ変えてしまったのかも。
新聞や雑誌で目にしつつも、読み飛ばしていたのかも。

う~む…。
ということは、今の自分自身にもまだまだ見えていない(気付いていない)盲点(スコトーマ)があるのでしょう。
なので、何年経っても『あぁ、もっと早くに知るチャンスがあれば…』と後悔し続けるのでしょうなぁ。
そんな事を思いながら眠りに就く今日この頃であります。


※先日の番組で学んだ『な・た・も・だ』を意識してこの文章を作成してみました♪


★2011年8月9日加筆修正★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ↓訪問&閲覧していただきましてありがとうございます。
 ↓『戻る』や『タブを閉じる』その前に!
 ↓どうぞランキングバナーのクリックをお願いします(^0^)♪
_にほんブログ村 競馬ブログへ_ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

FC2blog テーマ:NHK教育 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2010/09/08 23:00】 | テレビ・ラジオ
|
【2010年09月05日 23:00】

今週の最強武将伝・三国演技は『赤壁・十万本の矢』。
映画レッドクリフでも登場した有名エピソードですが、この『恐ろしいスピードで展開していくアニメ』でさえキッチリと1話分を使ったあたりに、改めてこの件は人気があるんやなぁと思いました。
しかしまぁ、孔明の先生の声を聞くと西園寺くんの顔が浮かんでしまうので、感情移入できずに困ったもんです。

一方、読み進めているニンテンドーDSの『ゲーミックシリーズ・横山光輝三国志』は『温州蜜柑』の場面が登場。
何回でも見たくなるあのニコニコ動画の作品が記憶に蘇り、『ウム、ウム』と再び頭が崩壊しそうになります(笑)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ↓訪問&閲覧していただきましてありがとうございます。
 ↓『戻る』や『タブを閉じる』その前に!
 ↓どうぞランキングバナーのクリックをお願いします(^0^)♪
_にほんブログ村 競馬ブログへ_ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【2010/09/05 23:00】 | その他
|
【2010年09月05日 23:00】

早いもので、アッくんの目ヂカラ(NHK将棋講座)も残りあと1ヵ月であります。
次の講師&アシスタントが誰になるのか気になるところなんですが。

一方のNHK杯トーナメントは『初手▲脱衣』対『シーザー』。
一回戦ではピンマイクが上着に絡まり脱衣に手こずってましたが、今回は事前に対応していた様子。
その後の『特製ドリンク』→『アイアンクロー』の連続技はいつ見てもニヤケてしまいます。

それにしても中川七段は相変わらずダンディですなぁ。
彼を将棋講座テキストの表紙にしたら、将棋を知らないマダム層への開拓に繋がる気がします。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ↓訪問&閲覧していただきましてありがとうございます。
 ↓『戻る』や『タブを閉じる』その前に!
 ↓どうぞランキングバナーのクリックをお願いします(^0^)♪
_にほんブログ村 競馬ブログへ_ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

FC2blog テーマ:将棋 - ジャンル:ゲーム

【2010/09/05 23:00】 | 将棋
|
【2010年09月05日 23:00】

今週の勝負は札幌日経オープン。
トウカイメロディとホクトスルタンの力が抜けていると見て、この2頭の馬連を保険にしつつ、連下候補にモンテクリスエスを加えた3連単を中心にして臨みました。
信頼の手綱、岩田騎手の乗り替わりという誤算もありましたが順当な決着で『まぁ、そうなるわなぁ』と結果に納得していました。
ところが、確定後にi-PAT情報を見てビックリ!
『2-6』のつもりが『6-12』へと、まさかの『馬連馬券買い間違い』が発覚…(涙)
保険になるように購入金額を調整する際、この1番人気であろう組み合わせが10倍以上もつく事を不思議に思わなかった自分に『何年間競馬をやっとるねん…』と、憤りさえ感じてしまいました。

傍観した2歳ステークスは新種牡馬が活躍。
現役時代に馬券を買い続けたテレグノシスが父としても結果を出してくれたことを嬉しく思います。
また、バブルがこの世を去った後、『サンデーサイレンス×リファール』という同じ血統構成のディープ兄弟が台頭してきたのも血の不思議です(メイショウオウドウは人気を裏切りましたが…)
それにしてもチーフベアハートはスゴイですな。
今年の内に『スプリントGI連対馬』と『天皇賞(春)連対馬』と『2歳重賞連対馬』を出すんですから。
これで繁殖の質が上がればもっと伸びシロが期待できますねぇ。

さてさて来週から秋開催。
今年はどの競馬場も超高速仕様に仕上げられてますので、京成杯AHの勝ち時計も1分31秒台が堅いところでしょうか。
ってゆうか、1週間に3つも重賞を組まれると、データ収集が非常に忙しいです。
予想にかける時間も分散されちゃいますし、かと言って勝負レースを絞り込む時点で失敗することも多くありますので、シッカリと気合いを入れていきたいところであります。


追記を閉じる▲
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ↓訪問&閲覧していただきましてありがとうございます。
 ↓『戻る』や『タブを閉じる』その前に!
 ↓どうぞランキングバナーのクリックをお願いします(^0^)♪
_にほんブログ村 競馬ブログへ_ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

FC2blog テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

【2010/09/05 23:00】 | 競馬結果
|