_  _  _
【--年--月--日 --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ↓訪問&閲覧していただきましてありがとうございます。
 ↓『戻る』や『タブを閉じる』その前に!
 ↓どうぞランキングバナーのクリックをお願いします(^0^)♪
_にほんブログ村 競馬ブログへ_ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【2013年10月28日 20:20】

【天皇賞(秋)】
★結果★的中!
[01着]◎(07)ジャスタウェイ -- 1:57.5
[02着]○(09)ジェンティルドンナ
[03着]△(06)エイシンフラッシュ
----------------------------------------

◆パドック中継を観て買い足したら10円増えた\(^o^)/◆

◎(07)ジャスタウェイが三冠牝馬を4馬身もブッチ切り!
この馬自身はこれまで外枠に入ることが多く、内枠ではパフォーマンスが落ちていたことと、4歳馬は前走が5番人気以内だったような馬でないと好走しにくいデータもありましたので強気にはなれませんでしたが、鮮やかな競馬でしたね~。
正直、最後の直線では馬群に包まれていた△(06)エイシンフラッシュがなんとか外に持ち出して3着に届くかどうか?ばかりを観ていたので、勝ち馬の一瞬で突き抜けた鬼脚にシビレたのはレースリプレイを見返した時でしたよ(汗)

まぁ今回は上位人気の5頭が抜けているメンバー構成でしたが、ローテーションや枠順や展開の差でしたかね。
福永騎手は先週の菊花賞に引き続いてGI連勝。(今週は3勝してリーディング単独トップに)
ヨメさんの妊娠報道の勢いに乗って大活躍ですな~。
楽天・田中投手のヨメさんに負けないような『あげまんパワー』で騎手界のサラブレッド(笑)を支えて欲しいところです。



ハーツクライ産駒の活躍馬って、母の父が『父系としては日本のクラシック戦線でイマイチな血統馬』が多いですよね。
Storm BirdとかエリシオとかFabulous DancerとかカーネギーとかCapoteとか。
◎(07)ジャスタウェイの母父もWild AgainなのでNorthern DancerHail to ReasonNasrullahMr.Prospectorといった近代競馬の主流な血脈を持たないスッカスカの血統構成です。
こういう少しクセのある牝馬と好相性なのはステイゴールドとよく似ていますな。

○(09)ジェンティルドンナはいわゆるひとつの『負けて強し』。
あと、自分が(11)トウケイヘイロー[10着]を無印にした理由は『武豊騎手が逃げ戦法でJRAのGIを勝ったことが無いから』です(笑)


【スワンステークス】
★結果★馬券は見送り
[01着]-(10)コパノリチャード -- 1:20.8
[02着]-(09)ダイワマッジョーレ
[03着]-(07)サダムパテック
----------------------------------------

(10)コパノリチャードが完勝し、これで京都コースは3戦3勝!
やっぱりスピードの絶対値が凄まじいですな~。
新馬戦を見た時に「コイツはモノが違う!」と感じた自分自身を褒めてあげたいです(笑)
そして、宮徹厩舎はJRA通算300勝のメモリアルな勝利に!(祝)
ぶっちゃけ、今回はインコースを先行した馬が止まらない傾向な上に、スローペースな展開にも助けられた印象はあります。
だがしかし!これまでの騎手たちは有り余るスピード能力を制御しきれなかった馬だったという事を考えると、非常に気性の成長が感じられる競馬でした。
残念ながらDr.コパさんは京都競馬場へ来場されていなかったようですが、マイルCSに出走してGIの口取り式を味わえるといいですね。
とても気持ちの良い勝ちっぷりでしたが、馬場状態がよく分からなかったので馬券勝負を見送っちゃったのが心残りですぅ~(涙)

しかしまぁ、アーリントンCの勝利インタビューで、(10)コパノリチャードの距離延長を訊かれて「NO!」とキレ気味に即答していたビュイック騎手。
この結果を知ったら「ほれ、見てみぃ!ワシの言うことを聞いとかんかい!」とドヤ顔を爆発させるでしょうな(笑)

↓↓↓■□■[10月27日16時06分に記載した仮投稿記事]■□■↓↓↓

<掟破りの事後報告記事>
【天皇賞(秋)】
★結論★的中!
◎(07)ジャスタウェイ
○(09)ジェンティルドンナ
△(06)エイシンフラッシュ




はい、ごちそうさまです♪♪♪
もっと強気に3連単(配当は14,310円)も買っときゃよかったね。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ↓訪問&閲覧していただきましてありがとうございます。
 ↓『戻る』や『タブを閉じる』その前に!
 ↓どうぞランキングバナーのクリックをお願いします(^0^)♪
_にほんブログ村 競馬ブログへ_ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

【2013/10/28 20:20】 | 競馬結果
|
【2013年10月24日 19:59】

★★★★★★★★重賞レースデータ分析★★★★★★★
※データは2003年から過去10年間における3着以内馬を対象。
【スワンステークス】


◆(htmlファイル)【スワンステークス】過去10年1~3着馬
◆(htmlファイル)【スワンステークス】1~3番人気の凡走馬
◆(htmlファイル)【スワンステークス】ラップタイム
・3~7歳馬
 →全馬が該当
・斤量は55~58kg相当
 →(01)
・前走クラスはGI~1600万下1着
 →全馬が該当
・近3走で8番人気以内あり
 →(06)

《その他の注目点》
※上がり3Fは33~34秒台決着
※福永騎手
※矢作厩舎
※牝馬は2着まで
◆⇒データ該当馬◆
 (02)テイエムオオタカ
 (03)アドマイヤセプター
 (04)シャイニーホーク
 (05)ラトルスネーク
 (07)サダムパテック
 (08)エーシントップ
 (09)ダイワマッジョーレ
 (10)コパノリチャード
 (11)グランプリボス
 (12)サンカルロ
 (13)マジンプロスパー

   <13頭中の11頭(84.6%)>
◆⇒データ脱落馬◆
 (01)レッドオーヴァル
 (06)ハッピーカオル


【天皇賞(秋)】


◆(htmlファイル)【天皇賞(秋)】過去10年1~3着馬
◆(htmlファイル)【天皇賞(秋)】1~3番人気の凡走馬
◆(htmlファイル)【天皇賞(秋)】ラップタイム
・前走クラスはGI~GIII
 →(05)
・近3走で5番人気以内あり
 →(04)(05)(08)(13)
・前走は9番人気以内
 →(08)
・近3走で8着以内あり
 →全馬が該当
・前走は9着以内
 →(10)(12)
・前走距離は芝1600m~3200m
 →全馬が該当
・前走着差は0.9秒以内
 →(02)(10)

《その他の注目点》
※上がり3Fは33~34秒台決着
※横山典、武豊騎手
※藤沢和厩舎
※社台系牧場の生産馬
◆⇒データ該当馬◆
 (01)コディーノ
 (03)ダイワファルコン
 (06)エイシンフラッシュ
 (07)ジャスタウェイ
 (09)ジェンティルドンナ
 (11)トウケイヘイロー
 (14)オーシャンブルー
 (15)レッドスパーダ
 (16)ダノンバラード
 (17)ヴェルデグリーン

   <17頭中の10頭(58.8%)>
◆⇒データ脱落馬◆
 (02)ナカヤマナイト
 (04)トゥザグローリー
 (05)レインスティック
 (08)ヒットザターゲット
 (10)トーセンジョーダン
 (12)フラガラッハ
 (13)アンコイルド

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
2014年度の重賞日程変更点などが発表されてましたね。
「やっとジャパンカップダートを左回りへ戻す気になったのか」と安心していたら、『国際招待競走』の扱いにはしない(『国際競走』ではある)そうで…。
意味わからん!誰に需要があるねん!(笑)
オーストラリアに鯨料理の専門店をオープンして、入口に『日本人お断り』と貼り紙するようなもんですよ。
改称後の『チャンピオンズカップ』という安易なネーミングセンスもなんだかなぁ~。
「その前にクイーンカップクイーンステークスがややこしいので、先になんとかしなさいよ」と言いたいところですが。

レース名といえば、2歳の重賞体系も難解にしてきやがりました。
あくまでもホープスルステークスが重賞になったのではなくて、ラジオNIKKEI杯2歳ステークスが中山開催に変更されて、そしてそれを改称するという…。
なんという二度手間!(笑)
そもそもラジオNIKKEIの本社は近畿でも福島でもなく東京のようですから、首都圏で開催させてあげればいいのに。

しかしまぁ、公式文章を読みますと随所に『改善』という文字を使用していますが、意味を調べると『悪い所を直し、良くすること』だそうです。
まだ、今回の変更が良くなるかどうか分からないので、どうもシックリと来ない言葉ですな。
ちなみに、ジャパンカップダートを阪神開催にした際の記事を確認しますと、シッカリと『改善』の文字が使われております(笑)
 ⇒JRAサイト『2008年度競馬番組および払戻金の上乗せについて』
奇しくも、同時期に『改善』と称して朝日杯フューチュリティステークス阪神ジュベナイルフィリーズの開催時期を変更しており、今年はそれをまた同時に『改善』だそうで。
この2008年にはジャパン・オータムインターナショナルの実施も図られておりますが、こんなもん、メディアが取り上げたり、競馬ファンが口にしたりしてるところなんて見たこと無いぞ(汗)
『午前中の2歳戦は5頭立てだったのに、準メインの1600万下戦は出走馬よりも除外馬の数の方が多い』なんていう問題を先に解決してあげればと常々思いますが…。

こういうのって誰が考えて、それにGOサインを出しているのか気になりますよね。
最近はキャベツやジャガイモなどで、生産者さんの名前や顔を確認できたりしますが、JRAにも『ワタシが愛情を込めて提案しました』みたいな特設ページを作ってもらわなきゃね。

最後にひとこと。
日本グレード格付け管理委員会』という団体を初めて知りましたが、文字だけでも『天下りのニオイ』がプンプン漂ってきますな(笑)


★今週のシュール動画★

 ⇒NHKニュースウォッチ9『未公開映像が語るウルトラマンの歴史』
個人的には0分53秒あたりの、『司会者はガマンしているのに、スタッフが耐えられずに噴き出してしまっているところ』がツボです(笑)

◆昨年の参考記事◆
【競馬】今週の重賞データ【天覧競馬】
【競馬】スワンSの予想【勝ち馬が本番を勝てない前哨戦】
【競馬】天皇賞(秋)の予想【情報の取捨選択に困惑】
【競馬】天皇賞(秋)などの回顧【馬の上からラブ注入~♪】
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ↓訪問&閲覧していただきましてありがとうございます。
 ↓『戻る』や『タブを閉じる』その前に!
 ↓どうぞランキングバナーのクリックをお願いします(^0^)♪
_にほんブログ村 競馬ブログへ_ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

FC2blog テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

【2013/10/24 19:59】 | 競馬データ分析
|

秋天おめでとうございます
にんじん。
ただいま現地で泣いておりますwww

フォローの風を感じましたので、お返ししました♪
そちらの方でもよろしくお願いいたします。


風を感じる男が訪問(笑)
keiesu1977(ケイエス)
⇒にんじん。さん

コメントありがとうございまぁ~す♪
よく理解せずに始めたtwitterの登録&設定に悪戦苦闘しつつ、わき目でパドック中継を観ていたら、エイシンとジェンティルが光輝いて見えたので、無欲の馬連&ワイドを追加購入しちゃいました(笑)

twitterはRSS機能で追いかけられないようなので、いつも一つ一つのアカウントにアクセスしていましたが、さすがにお気に入りが増えてくるとメンドクサイ状態に。
まぁおそらく、コチラからは『つぶやかざること山のごとし』になると思いますが、ヨロシクどうぞ。

コメントを閉じる▲
【2013年10月21日 20:04】

【菊花賞】
★結果★ハズレ
[01着]-(03)エピファネイア -- 3:05.2
[02着]-(14)サトノノブレス
[03着]△(10)バンデ
----------------------------------------
[08着]◎(08)タマモベストプレイ
[10着]○(06)ヤマイチパートナー


他の17頭に比べて1頭だけ本賞金のケタが違っていた(03)エピファネイアが、文字通りにケタ違いの実力を発揮して完勝。
決してピッタリと折り合うスムーズな競馬ではなかったクセに、ムチなどいらぬ強さですからね。
雨が降っても前が止まりにくい今のインベタ馬場も味方になりました。

そんな1番人気馬をピッタリとマークする完璧なポジショニングでレースを展開した◎(08)タマモベストプレイは、第3コーナーでバテて下がってきた先行馬を避けられず、後方馬群へワープさせられる痛恨のアクシデント!(超絶号泣)
和田騎手があんなにもガクンガクンとバランスを崩していたのに、審議のランプすら点灯しないんですね…、冷たい世の中になったものです。
▼2周目3コーナー付近のパトロールビデオ(約20秒間の動画)▼
 
激突して落馬事故が起こりかねないほどの急激な減速だったにもかかわらず、よりによって巻き込まれてしまったのが唯一の馬券購入馬だけだったとは…(絶句)
なぜ池添騎手は何度も右後ろを確認しておきながら内に寄せていったの?
3コーナーの手前でバテてしまうような、1000万下クラスでも勝負にならない馬は菊花賞に出走させないで下さいね!(激おこ)
たとえ今回は200円の損失だったとはいえ、その一部が表彰式のプレゼンターを務めた加藤茶さんのギャラとなり、それが嫁さんの仲間たちの飲み食い代になるかと思うと腹が立ちます(笑)

まぁ、あんな状況から最後はよく盛り返してましたよ。(コーナー通過順は[5-4-11-8])
ありふれた意見ですが、アレがなければ2~3着には来ていたでしょうな、その後の(14)サトノノブレスのコース取り&好走を見ても明らかだよね!(←自意識過剰)
ということで、次走も条件&相手関係にかかわらず、本命にして意地でも倍返しを狙うことになりそうです♪


【富士ステークス】
★結果★馬券は見送り
[01着]-(09)ダノンシャーク -- 1:33.5
[02着]-(12)リアルインパクト
[03着]-(04)シャイニープリンス
----------------------------------------

逃げれば粘り腰を増す(01)ブリッツェン[8着]が1枠1番に入り、誰が考えても単騎逃げが濃厚だったものの、なんと柴田善臣騎手はガッチリと手綱をキープして中団待機!
先週の府中牝馬Sでは逃げ馬不在の超スローペースで前残り決着となっていただけに、この馬から勝負した人が多かったのではないでしょうか?
相談役の『公務員騎乗』の恐ろしさを改めて痛感するレースでありました。

GI~GIIでも好勝負できる(09)ダノンシャークが通常より積極的に動き始める競馬で快勝。
元々から成績が安定している馬ですが、直線の長い競馬場ではパフォーマンスが上がります。

体を大きく使う走法の(12)リアルインパクトも小回りコースより広い舞台が合う馬ですよね。
斤量58kgもなんのその!な素晴らしい内容でした。

(04)シャイニープリンスは14番人気での激走!
『人気薄のキングヘイロー産駒&東京マイル』ということでムラマサノヨートーを思い出してしまう今日この頃です。(今回も勝ったのが内田博騎手だし…)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ↓訪問&閲覧していただきましてありがとうございます。
 ↓『戻る』や『タブを閉じる』その前に!
 ↓どうぞランキングバナーのクリックをお願いします(^0^)♪
_にほんブログ村 競馬ブログへ_ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

FC2blog テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

【2013/10/21 20:04】 | 競馬結果
|
【2013年10月20日 11:28】

【菊花賞】
GIホースが不在で重賞勝ち馬も6頭のみ。
例年の三冠最終戦のように、馬柱を見ただけで熱く興奮できないのはワタシだけ?

★結論★

◎(08)タマモベストプレイ
京都コースは4戦3勝3着1回であり、何げに本賞金獲得額はメンバー第二位。
ホウライアキコで2歳戦線を賑わせている南井厩舎&和田騎手のコンビ。
距離適性が疑問視されているものの、バンブービギンへ騎乗して1番人気に応えたり、ナリタブライアンへ騎乗して7馬身差で圧勝したり、マチカネフクキタルへ騎乗して鬼脚を炸裂させた先生が参戦させているのだから、我々のような素人がアレコレと考えてもしょうがない。
また、今年の『競馬学校・花の12期生』は福永祐一の結婚&妻の妊娠、柴田大知の平地GI制覇、柴田未崎の騎手復活、高橋亮の調教師デビュー&初勝利、増沢由貴子の調教助手転身、細江純子の出産、そして古川吉洋の………え~っとフルキチのぉ~………ゲフン、ゲフンッ!
とにかく!!話題が豊富な一年であるだけに、同期の名手・和田竜二にも頑張ってもらいたい!
○(06)ヤマイチパートナー
やっぱり『母の父リアルシャダイ』ってだけで気になるよね~。
△(10)バンデ
馬場が悪くなれば悪くなるほど買いたくなる欧州血統の塊。

馬券は
 ・◎の単勝を100円
 ・◎の複勝を100円
の、合計2点200円で応援します!

(03)エピファネイアはどうなんですかね?
一枚も二枚も能力が違うことは明らかですが、あの皐月賞の歴史的な激流ペースでも折り合いを欠いていた過去がありますからね。
トウケイヘイローのように1400m戦で暴走しておきながら、距離を延長して快進撃を続けるパターンもありますが、アチラは騎手が替わってますからね~。
とにもかくにも、デニムアンドルビーの出世を遅らせてきた鞍上の手綱捌きに注目です♪
    非常に悪意のある表現(笑)↑

ここで少し余談を。
GIレースに限り、JRAの公式サイトで調教映像を無料で視聴できますが、角居厩舎のコース追いって『ゴール板を過ぎてから鞍上がアクションを起こすことが多い』と自分のようなレベルでも耳にしたことがあるものの、映像ではゴール板を過ぎた直後までしか観られません。
 
まるで『プロレスラー・ラッシャー木村の試合だけを楽しみ、その後のマイクパフォーマンスを見ずに帰ってしまう』ような愚行です。
「おいおい、このコンテンツを担当している人は調教のことを何にも分かってないなぁ~」なんて言われているのかもしれませんよ。


★雑感★
なんと、ミルコ・デムーロ騎手のJRA騎手試験は不合格となりました!
いや~、非常に残念で仕方ない気持ちでいっぱいです。
 
彼のこれまでの実績を見てきたかぎり、個人的には今回の審査は『あくまでも形式的なテスト』ぐらいにしか思っていませんでした。
ファンの間では『ミルコ・デムーロ騎手を日本へ迎え入れるために開始された制度』というレベルでの認識でしたからね。
いくつもの課題をクリアしなければならない事はたくさん報道されていましたが、最終的には『小林邦昭の覆面剥ぎには要注意だが、どうせ最後にはタイガーマスクが勝つんでしょ?』というハッピーエンドな雰囲気がなんとなく漂っていたからです。
 
正しい見解かどうか分かりませんが、今回の結果を逆に考えてみると、「今まで、馬主さんや調教師さんは『騎手試験に落ちるような男』へ騎乗依頼し続けていたのか?」となりますし、「競馬ファンは『騎手試験に落ちるような男』にお金を賭けさせられていたのか?」という事になってしまいます。
また、決して目覚ましい活躍をしていたとは言えない柴田未崎騎手が再合格したことで疑問がさらに膨らみました。

じゃあ、あくまでも問題は『語学力』だったのかという事になります。
実際、大相撲の世界では外国人力士が活躍していますが、みなさん流暢な日本語をマスターしています。
しかし、はたして彼らの全員が入門前に語学を完璧に習得していたのか?といえば、そうとは考えられず、きっと日本に滞在しながら徐々に使いこなせるようになったはずです。
 
そもそも仮に、自国で日本語を猛勉強してきた外国人騎手が栗東トレセンの調教師から指示を受けたとして、「カンカン泣きするさかい、前走はアラアラになってしもたけど、いっぺん叩いて目方も減っとるんでテンから枠なりに行ったらポケットに入れるはずや。しまいはソラを使ってササるかもしれへんけど、あんじょうよろしゅう頼んまっさ!」と言われたところで、おそらく一回でリスニング出来るはずがありません。
絶対に教科書へ載っていない言葉ばかりでしょうからね。
きっと、競馬を知らない一般人ならば、日本人だとしても何を言っているのか分からないでしょう。

とにかく、何が原因で合格できなかったかを知りたいですね~。
本当に『語学力』なのだとしたら、器が小さすぎるのでは?
野茂投手やイチロー選手が「お前は英語がヘタクソだからメジャーリーグへの移籍を認めないぞ!」と言われてるようなもんですもの。
来年もチャレンジしてくれるのかどうか分かりませんが、非常にもったいない1年間になってしまいそうです。
読売巨人軍の元木大介選手だって、浪人せずスムーズに入団していれば、選手人生が大きく変わっていたでしょうからねぇ~。

あれこれと述べてきましたが、今回の結果に最も動揺しているのはミルコ・デムーロ騎手本人でもなく、馬主たちや厩舎関係者でもなく、ライバルとなる現役騎手たちや競馬ファンたちでもなくて…、そう、彼を待ち続けているロゴタイプくんなのかもしれません(笑)
▼武豊騎手によるM.デムーロ騎手への見解(約10秒間の動画)▼
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ↓訪問&閲覧していただきましてありがとうございます。
 ↓『戻る』や『タブを閉じる』その前に!
 ↓どうぞランキングバナーのクリックをお願いします(^0^)♪
_にほんブログ村 競馬ブログへ_ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

FC2blog テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

【2013/10/20 11:28】 | 競馬予想
|
【2013年10月19日 12:43】

★★★★★★★★重賞レースデータ分析★★★★★★★
※データは2003年から過去10年間における3着以内馬を対象。
【富士ステークス】


◆(htmlファイル)【富士ステークス】過去10年1~3着馬
◆(htmlファイル)【富士ステークス】1~3番人気の凡走馬
◆(htmlファイル)【富士ステークス】ラップタイム
・3~8歳馬
 →全馬が該当
・斤量は54~58kg相当
 →全馬が該当
・前走クラスはGI~1600万下1着
 →全馬が該当
・近3走で8着以内あり
 →全馬が該当
・前走距離は1400m~2400m
 →全馬が該当
・前走着差は1.0秒以内(GI戦を除く)
 →(02)(07)(10)

《その他の注目点》
※上がり3Fは33~34秒台決着
※田中勝、武豊騎手
※逃げ馬は全滅
※国枝厩舎
◆⇒データ該当馬◆
 (01)ブリッツェン
 (03)リルダヴァル
 (04)シャイニープリンス
 (05)ブレイズアトレイル
 (06)サンレイレーザー
 (08)オセアニアボス
 (09)ダノンシャーク
 (11)ガルボ
 (12)リアルインパクト
 (13)マックスドリーム
 (14)エーシンミズーリ
 (15)ダノンヨーヨー

   <15頭中の12頭(80.0%)>
◆⇒データ脱落馬◆
 (02)インパルスヒーロー
 (07)レッドアリオン
 (10)カシノピカチュウ


【菊花賞】


◆(htmlファイル)【菊花賞】過去10年1~3着馬
◆(htmlファイル)【菊花賞】1~3番人気の凡走馬
◆(htmlファイル)【菊花賞】ラップタイム
・前走は9月中旬以降
 →(04)(09)
・前走は阪神、中山、中京、京都
 →全馬が該当
・前走クラスはGII~1000万下1着
 →(02)
・近3走で8着以内あり
 →全馬が該当
・前走距離は芝1800m~2500m
 →全馬が該当

《その他の注目点》
※上がり3Fは34~35秒台決着
※横山典、武豊騎手
※差し追い込み馬が活躍
※橋口厩舎
※社台系牧場の生産馬
※勝ち馬は前走5着以内の関西馬
※外枠の馬は前走が4着以内
※神戸新聞杯組以外の前走着差は0.3秒以内
◆⇒データ該当馬◆
 (01)ケイアイチョウサン
 (03)エピファネイア
 (05)テイエムイナズマ
 (06)ヤマイチパートナー
 (07)アクションスター
 (08)タマモベストプレイ
 (10)バンデ
 (11)ヒラボクディープ
 (12)ナリタパイレーツ
 (13)ダービーフィズ
 (14)サトノノブレス
 (15)ユールシンギング
 (16)アドマイヤスピカ
 (17)ラストインパクト
 (18)マジェスティハーツ

   <18頭中の15頭(83.3%)>
◆⇒データ脱落馬◆
 (02)ネコタイショウ
 (04)フルーキー
 (09)インパラトール

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
いや~、ブログへ手をつけないまま、あっという間に週末。
とりあえず、菊花賞は応援し続けている(08)タマモベストプレイの単勝&複勝を100円ずつだけ買って楽しむことになりそうですよ。

ちなみに、菊花賞といえばダンスインザダーク産駒ですが、今年の3歳馬の最多賞金獲得馬はイヴピアジェ号という、未勝利戦を1勝しただけの馬。
う~む、寂しい限りですな…。

◆昨年の参考記事◆
【競馬】今週の重賞データ【未来への遺産】
【競馬】菊花賞の予想【いつまでもそばにいて@DORA】
【競馬】菊花賞などの回顧【あきらめたらそこで試合終了】
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ↓訪問&閲覧していただきましてありがとうございます。
 ↓『戻る』や『タブを閉じる』その前に!
 ↓どうぞランキングバナーのクリックをお願いします(^0^)♪
_にほんブログ村 競馬ブログへ_ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

FC2blog テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

【2013/10/19 12:43】 | 競馬データ分析
|
【2013年10月18日 20:23】

【秋華賞】
★結果★ハズレ
[01着]-(16)メイショウマンボ -- 1:58.6
[02着]△(01)スマートレイアー
[03着]-(13)リラコサージュ
----------------------------------------
[04着]○(14)デニムアンドルビー
[10着]△(06)ウリウリ
[11着]◎(17)ローブティサージュ
[13着]▲(03)ティアーモ


(16)メイショウマンボが二冠達成!
個人的に、天皇賞(春)京都大賞典を勝ちそうな胴長脚長体型に加え、飯田厩舎&武幸四郎騎手という信頼しにくいコンビ(←失礼)という事で買い目に入れることが出来ませんでした。
社台系牧場の生産馬が強いレースでもあるため、メイショウさんの馬だったことも単勝3番人気に甘んじていた原因でしょう。
いや~、お見事でした!

レースは意外にもペースが流れる展開になってしまい、1コーナーを11番手以降で通過していた馬が1~6着を独占することに。
津村騎手よ、何がしたかったのか…?([1-1-1-2]で逃げてシンガリ負け)


【府中牝馬ステークス】
★結果★ハズレ
[01着]-(11)ホエールキャプチャ -- 1:48.8
[02着]△(13)ドナウブルー
[03着]-(03)スイートサルサ
----------------------------------------
[07着]◎(04)アロマティコ
[09着]○(05)ハナズゴール


『逃げ馬不在の牝馬限定戦』という事で、スローペースのしょーもないレースになるのは想像出来ましたが、まさかここまでしょーもないとは…。
 ※13日(日)の神奈川新聞杯(3歳上1000万下)ではシンガリ負けの馬でも1:47.5なのに!
一瞬の加速力が武器である◎(04)アロマティコ○(05)ハナズゴールと、先行して速い上がりを使える△(13)ドナウブルーをチョイスしてみましたが、1~4番手の馬が1~4着を独占していたことからも、単純に先行しそうな馬を買えば当たるレースでした(涙)

それにしても、秋華賞は2.9秒差でシンガリ負けしていた馬が3着に激走し、コチラは前走を5.4秒差で負けていた馬が勝利。
もはや何を信じれば良いのかサッパリ分かりません。
不良馬場では無理をさせたくない(真面目にレースへ参加させない)という陣営が多いのでしょうか?
しかしまぁ、福永騎手の騎乗にはガッツを感じられませんでしたね。
もし今回が新馬戦だったなら「将来を考えて馬群での折り合いに専念しました。レースにも慣れたでしょうから次が楽しみです。」という『よく見かけるイイワケ』で済むのでしょうが、さすがに重賞で何の工夫も努力もしないようでは…。
ましてや、GIへ出走するのに本賞金が不足気味だというのに…。
菊花賞では大本命馬(エピファネイア)に騎乗しますが、またしょーもない差し損ねをやっちまうんじゃないか?と不安になってしまいます(笑)


【マイルチャンピオンシップ南部杯】
★結果★馬券は見送り(ってゆうか、忘れてた…)
[01着]-(08)エスポワールシチー -- 1:35.1
[02着]-(12)ホッコータルマエ
[03着]-(10)セイクリムズン
----------------------------------------

後藤騎手の「(佐藤)哲三さんになったつもりで…」や「哲三さんのガッツポーズをそのまま再現しました」というインタビューは競馬ファンたちを意識した、彼らしいコメントでしたね♪
そういえば、凱旋門賞の後のインタビューで武豊騎手は「来年もキズナでチャレンジしたいですね!」と力強く明言していましたが、よく考えると「哲三?アイツに返すワケないじゃん!日本ダービーを勝てたのもオレ様が乗ってたからっしょ?違う?そうだよね?!」くらいの内容を含んでいるように思えてしまいます(笑)

↓↓↓■□■[10月13日16時29分に記載した仮投稿記事]■□■↓↓↓
ギャ~~~ッッッ!!!リラコサージュッッ!!!!
ローズステークスで本命にしてたのにぃぃぃっっっ!!!!!!(大号泣)
藤原英厩舎の馬を買ったし、ロードホースクラブの馬も買ってるのに、それぞれの違う方が穴をあけるだなんて。
しかしまぁ、スプリンターズSマヤノリュウジンに続き、池添騎手は馬券ファンに対して『いらんコト』をしまくり(笑)

まぁ、メイショウマンボを真っ先に消していたので、どうしようもありませんが…。
あの手足の長さは京都内回りでは致命傷かと思いましたが、包まれることなくストライドロスをゼロにおさえた鞍上の好騎乗でしたね。
ちなみに個人的にはこの二冠馬に対して
 桜花賞→○印で10着
 オークス→無印で1着
 ローズS→△印で4着
 秋華賞→無印で1着
と、相性最悪であり、早々に繁殖へ上がってくれることを希望します(笑)


明日の府中牝馬ステークス
◎(04)アロマティコ
○(05)ハナズゴール
△(13)ドナウブルー

の3連複1点を100円だけ買って楽しみます~。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ↓訪問&閲覧していただきましてありがとうございます。
 ↓『戻る』や『タブを閉じる』その前に!
 ↓どうぞランキングバナーのクリックをお願いします(^0^)♪
_にほんブログ村 競馬ブログへ_ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

FC2blog テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

【2013/10/18 20:23】 | 競馬結果
|
【2013年10月13日 13:34】

【秋華賞】
▼10月12日(土)の京都芝傾向▼


★結論★

◎(17)ローブティサージュ
岩田騎手は土曜日にJRA年間100勝を達成。
このレースに相性がよく、今年は3連覇に挑戦となる
前走のローズSではいつもの踊り狂う追い方をしていなかったように思えるので、本気を出さずに叩き台の意味合いが大きかった可能性も。
内回りコースで強さを発揮したヴィクトワールピサの近親であり、先週のゴールドシップでやらかしてしまった須貝厩舎も雪辱に燃えているはず。
○(14)デニムアンドルビー
内田博騎手は午前中の第4レースで勝利してJRA年間100勝まであと1つ。
スタートが下手すぎる馬なので京都芝2000mを勝ち切るのは難しいかもしれないが、3着以内ならば格の違いで?
金子真人オーナーの馬は秋華賞で好成績。
▲(03)ティアーモ
言わずと知れた『代打の神様』である川田騎手も土曜日にJRA年間100勝を達成。
クビの高い不細工な走法だが、君子蘭賞で魅せたゴール前での再点火は奥の深い能力を感じさせてくれる。
凱旋門賞で日本馬を打ち負かしたTreve トレヴ京都大賞典で穴をあけたアンコイルドと同じファミリーなだけに、血の勢いにも期待。
△(06)ウリウリ
浜中騎手も土曜日にJRA年間100勝を達成。
大敗したことが無く相手なりに走れるタイプで、京都コースの経験が非常に豊富。
藤原英厩舎が得意にしているレースであり、金子馬でもある。
△(01)スマートレイアー
武豊騎手はGIレースの通算100勝まであと1つ。
彼が重賞で1枠に入った重賞レースの直近5走を見てみると信頼度が高い。
・2013年東京優駿-キズナ-1枠1番1人1着
・2013年NHKマイルC-ザラストロ-1枠2番13人16着
・2013年天皇賞(春)-トーセンラー-1枠1番3人2着
・2012年マイルチャンピオンS-サダムパテック-1枠1番4人1着
・2012年京王杯スプリングC-アグネスウイッシュ1枠1番8人14着
しかし正直、初コース&初距離&初斤量&初重賞で2番人気の馬を買いたくないが、結局のところ、無印にする勇気を振り絞ることは出来なかった。

これで、もしも買い目に入れなかった(10)サクラプレジールに騎乗の福永騎手(JRA年間100勝まであと1つ)が来たら、俺は神だっ!

馬券は、
 ・◎○▲△の3連複ボックス10点を100円ずつ
の、合計10点1000円で勝負っす!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ↓訪問&閲覧していただきましてありがとうございます。
 ↓『戻る』や『タブを閉じる』その前に!
 ↓どうぞランキングバナーのクリックをお願いします(^0^)♪
_にほんブログ村 競馬ブログへ_ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

FC2blog テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

【2013/10/13 13:34】 | 競馬予想
|
【2013年10月12日 09:57】

★★★★★★★★重賞レースデータ分析★★★★★★★
※データは2003年から過去10年間における3着以内馬を対象。
【秋華賞】


◆(htmlファイル)【秋華賞】過去10年1~3着馬
◆(htmlファイル)【秋華賞】1~3番人気の凡走馬
◆(htmlファイル)【秋華賞】ラップタイム
・前走は7月下旬以降(GI戦を除く)
 →全馬が該当
・前走クラスはGI~1000万下1着
 →全馬が該当
・近3走で7番人気以内あり
 →全馬が該当
・前走は9番人気以内(ダート戦を除く)
 →(04)(06)(13)(18)
・前走距離は1600m~2400m
 →(15)

《その他の注目点》
※上がり3Fは33~34秒台決着
※なぜか4枠が全滅
※岩田、四位、武豊、福永騎手
※差し、追い込みが優勢
※3番人気馬が期待を裏切りがち
※社台系牧場の生産馬
※ローズS組が活躍
※紫苑S組は壊滅状態
※前走が条件戦だった馬は3着まで
◆⇒データ該当馬◆
 (01)スマートレイアー
 (02)シャトーブランシュ
 (03)ティアーモ
 (05)セキショウ
 (07)トーセンソレイユ
 (08)マコトブリシャール
 (09)ノボリディアーナ
 (10)サクラプレジール
 (11)リボントリコロール
 (12)エバーブロッサム
 (14)デニムアンドルビー
 (16)メイショウマンボ
 (17)ローブティサージュ

   <18頭中の13頭(72.2%)>
◆⇒データ脱落馬◆
 (04)コレクターアイテム
 (06)ウリウリ
 (13)リラコサージュ
 (15)ビーナストリック
 (18)セレブリティモデル


【府中牝馬ステークス】


◆(htmlファイル)【府中牝馬ステークス】過去10年1~3着馬
◆(htmlファイル)【府中牝馬ステークス】1~3番人気の凡走馬
◆(htmlファイル)【府中牝馬ステークス】ラップタイム
・3~6歳
 →全馬が該当
・前走クラスはGI~1000万下1着
 →全馬が該当
・前走距離は芝1600m~2500m
 →全馬が該当

《その他の注目点》
※上がり3Fは33~34秒台決着
※3&6歳馬は2着まで
◆⇒データ該当馬◆
 →全馬が該当!!(汗)
   <13頭中の13頭(100.0%)>
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
今週からメンディザバル騎手が参戦するようで、秋華賞には良血馬(07)トーセンソレイユへ騎乗します。
もちろん、彼の単勝馬券や複勝馬券で応援するのも良いのですが、『今年はどのタイミングで右肩が脱臼するのか?』を予想するのも楽しそうですな。
もしも初日で達成するようなことがあれば、世間はお祭り騒ぎになることでしょう(笑)

◆昨年の参考記事◆
【競馬】今週の重賞データ分析【Panasonicのジョーバがあれば…】
【競馬】秋華賞の予想【三冠馬は三冠馬から?】
【競馬】秋華賞などの回顧【吉田ファミリーの手のひらで】
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ↓訪問&閲覧していただきましてありがとうございます。
 ↓『戻る』や『タブを閉じる』その前に!
 ↓どうぞランキングバナーのクリックをお願いします(^0^)♪
_にほんブログ村 競馬ブログへ_ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

FC2blog テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

【2013/10/12 09:57】 | 競馬データ分析
|
【2013年10月08日 01:09】

【京都大賞典】
★結果★的中?
[01着]-(02)ヒットザターゲット -- 2:22.9
[02着]-(01)アンコイルド
[03着]◎(11)トーセンラー
----------------------------------------
[05着]○(12)ゴールドシップ
[11着]△(07)ニューダイナスティ


ローカルの開催場でしか勝った事の無い(02)ヒットザターゲットが勝利!
2走前の目黒記念では、毎日王冠でブービー負けしたタッチミーノットと叩き合っていたような馬なんですけどね。
もしも前田晋二オーナーがキズナの応援でフランスへ行かず、京都の表彰式に参加していれば、完全に八百長が確定するのですが…(笑)
しかしまぁ、宝塚記念の際に誤って放送された『ヒットザターゲット大金星』の文字が、まさか今回の予言だったとは…。
 
新潟大賞典小倉大賞典も制覇しているので、あと阪神大賞典を勝利すれば『中央競馬の大賞典』をグランドスラムです♪
その後はダートの東京大賞典白山大賞典を狙って・・・。
それにしてもエーシンホワイティダノンヨーヨートウカイオーロラスギノエンデバーと同様に、北村友一騎手が大外に持ち出した馬は爆発的に伸びますな~(感心)

レースは△(07)ニューダイナスティの和田騎手が鬼の超ロングスパートを敢行。
○(12)ゴールドシップが負けるならば日本ダービーのような斬れ味負けだっただけに、これはありがたい展開となりました。
しかし、スタート直後の強引すぎる脚の使い方は素人目にも不自然であり、敗因は内田騎手の騎乗ミスでしょう。
有馬記念みたく、すぐにコーナーを迎えるようなコース形態だったならば、腹を括って後方へ待機していたと思います。
とはいっても、同馬にとって34.8秒の末脚というのは速い方であり、『伸びなかった』という表現自体が誤りなのかもしれません。
開催4週目以降での活躍が多いだけに、『開幕週』が最大のウィークポイントだった気がします。

このように有力馬が貪欲に仕掛ける中、死んだフリで追走していた2頭のワンツーに。
2011年の天皇賞(春)に似ていますよね。(この時も和田騎手(ナムラクレセント)が早め先頭)
各馬が動いて激しい出し入れが続く中、じ~っと息を潜めていたヒルノダムールエイシンフラッシュの差しが決まっていました。

◎(11)トーセンラーも勝ちに行っての惜敗。
先週のケイアイレオーネでも思ったのですが、爽やかなマスクの幸騎手が豪快な騎乗フォームで風車ムチを繰り出すギャップに驚かされます。
彼も尻餅騎乗を取り入れているようですが、蛯名騎手と違ってバランスが安定している気がするので、効果的っぽいですね。


【毎日王冠】
★結果★ハズレ
[01着]-(06)エイシンフラッシュ -- 1:46.7
[02着]○(10)ジャスタウェイ
[03着]-(07)クラレント
----------------------------------------
[05着]◎(01)ダークシャドウ
[06着]△(05)ショウナンマイティ


スローの瞬発力勝負には滅法強い(06)エイシンフラッシュ向きの展開となり、東の重賞もユーイチ騎手が勝利。
休み明けは取りこぼしが多い馬である上、他馬より重い斤量を背負っていたため、好きな馬ですが今回は完全にノーマークでした。

土日の芝レースを見てみると、開幕週にしては差し追い込みが決まりまくっていたため、末脚自慢の馬たちで馬券を組み立ててみたものの、さすがに全馬が上がり3F32~33秒台というような状況では…。

あと、△(05)ショウナンマイティの浜中騎手のコメントですが、「今日は休み明けで、この次が本番という仕上げでしたからね。次は状態が上向いてくれればと思います。この馬の実力はこんなものではありません。
いやいや、そんな状態で上がり32.8秒を繰り出すのなら、次走の天皇賞(秋)では31秒台の脚を使ってもらわないと、今回馬券を買ったファンは納得いかないぜよ。


【デイリー杯2歳ステークス】
★結果★2歳重賞の馬券は見送り
[01着]-(06)ホウライアキコ -- 1:33.2レコード
[02着]-(07)アトム
[03着]-(08)ピークトラム
----------------------------------------

これは強い!
果たして『能力の違い』なのか?『完成度の違い』なのか?
そして、ヨハネスブルグ産駒の大活躍は本物なのか?


【凱旋門賞 Prix de l'Arc de Triomphe】
★結果★
[01着]-(18)Treve[仏] -- 2.32.04
[02着]-(06)Orfevre[日]
[03着]-(17)Intello[仏]
----------------------------------------
[04着]-(14)Kizuna[日]

勝ち馬の『いともたやすく行われるえげつない加速』には脱帽。
「エエもん見させてもろたわ」と言うしか…。
戦前にフリーザが回避して、ゴール前でセルを倒したものの、魔人ブウが待っていましたか~。


【ドラール賞 Prix Dollar】[芝1950m](3歳上GII)
★結果★
[01着]-(04)CIRRUS DES AIGLES[仏] -- 2:02.83
[02着]-(02)MANDOUR[仏]
[03着]-(08)PETIT CHEVALIER[独]
----------------------------------------
[07着]-(05)Stellar Wind[日]

【フォレ賞 Prix de la Foret】[芝1400m](3歳上GI)
★結果★
[01着]-(10)Moonlight Cloud[独] -- 1.21.08
[02着]-(01)Gordon Lord Byron[愛]
[03着]-(07)GARSWOOD[英]
----------------------------------------
[08着]-(05)Blarney Stone[日]
余談ですが、レース後の日本中央競馬会理事長・土川健之氏のコメントについて。
両馬の関係者の皆様には、この度のチャレンジに敬意を表したいと思います。
惜しくも、世界最高峰のレースの一つである凱旋門賞(G1)制覇とはなりませんでしたが、そのチャレンジには日本の競馬ファンの皆様も胸を熱くしたことと思います。
今後も、日本馬が世界の檜舞台で活躍し、いつの日か凱旋門賞(G1)制覇を実現してくれることを期待しています。

全く内容に触れておらず、『あらかじめ別の官僚が作成していた様々なパターンの文章の中から、結果に見合ってチョイスされたモノを公開しました』というのがバレバレ(笑)
「あなた、本当に生放送で観戦してました?自宅でグリーンチャンネルを観てました?それとも官舎で?」と疑ってしまうレベルの仕事っぷりです。
アントニオ猪木に「出る前に負けること考えるバカいるかよ!」とブン殴られてもらいましょう(笑)
あと、ステラウインドブラーニーストーンにもコメントしてあげて!(>_<)

★おまけ★
<<写真で一言>>
  
「毛利小五郎の声は神谷明以外認めないぞ、俺は!」


  
男性 「それでは静電気の実験を始めま~す!」
武豊 「ちょっ、ちょっと、ちょっと…」
キズナ 「オレなんて、ハミに直接…」
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ↓訪問&閲覧していただきましてありがとうございます。
 ↓『戻る』や『タブを閉じる』その前に!
 ↓どうぞランキングバナーのクリックをお願いします(^0^)♪
_にほんブログ村 競馬ブログへ_ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

FC2blog テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

【2013/10/08 01:09】 | 競馬結果
|
【2013年10月05日 10:18】

★★★★★★★★重賞レースデータ分析★★★★★★★
※データは2003年から過去10年間における3着以内馬を対象。
【京都大賞典】


◆(htmlファイル)【京都大賞典】過去10年1~3着馬
◆(htmlファイル)【京都大賞典】1~3番人気の凡走馬
◆(htmlファイル)【京都大賞典】ラップタイム
・3~8歳馬
 →全馬が該当
・前走クラスはGI~1600万下2着
 →(05)
・近3走で8着以内あり
 →(09)
・前走は8着以内(GI戦を除く)
 →(03)(04)(06)
・前走距離は芝1800m~3200m
 →(05)(08)

《その他の注目点》
※上がり3Fは33~34秒台決着
※7歳以上は2着まで
※やや外枠が優勢
※池添、佐藤哲騎手
※音無厩舎
※前走で逃げた馬が苦戦
◆⇒データ該当馬◆
 (01)アンコイルド
 (02)ヒットザターゲット
 (07)ニューダイナスティ
 (10)エクスペディション
 (11)トーセンラー
 (12)ゴールドシップ
 (13)オールザットジャズ

   <13頭中の7頭(53.8%)>
◆⇒データ脱落馬◆
 (03)デスペラード
 (04)アドマイヤラクティ
 (05)ヒビケジンダイコ
 (06)トレイルブレイザー
 (08)ヴィルシーナ
 (09)トゥザグローリー


【毎日王冠】


◆(htmlファイル)【毎日王冠】過去10年1~3着馬
◆(htmlファイル)【毎日王冠】1~3番人気の凡走馬
◆(htmlファイル)【毎日王冠】ラップタイム
・3~8歳馬
 →全馬が該当
・前走クラスはGI~1600万下1着
 →全馬が該当
・近3走で8着以内あり
 →全馬が該当
・前走は8着以内(GI戦を除く)
 →全馬が該当
・前走距離は芝1600m~3200m
 →(03)
・前走着差は0.9秒以内(GI戦を除く)
 →(02)

《その他の注目点》
※上がり3Fは33~34秒台決着
※横山典、田中勝、福永騎手
◆⇒データ該当馬◆
 (01)ダークシャドウ
 (04)エキストラエンド
 (05)ショウナンマイティ
 (06)エイシンフラッシュ
 (07)クラレント
 (08)ミッキードリーム
 (09)コディーノ
 (10)ジャスタウェイ
 (11)レッドスパーダ

   <11頭中の9頭(81.8%)>
◆⇒データ脱落馬◆
 (02)タッチミーノット
 (03)ボレアス

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
いよいよ今週末は凱旋門賞ですっっ!!!!!
地上波テレビ放送でも生中継して『日本競馬界の悲願達成なるか?!』と騒ぎ立てておりますが、冷静になって考えてみると、普段から競馬を見ていない人たちにとっては『毎年、必ず生中継されるワケでもない海外の大会で日本は勝てるのか、勝てないのか?』というレベルの気持ちですよね、きっと。
つまり、メディア業界が得意とする戦略の一つである『感動の押し売り』になってしまうだけなのかもしれないのです。

確かに、過去と比べてみるとオルフェーヴルキズナが勝てそうな可能性はケタ違いであり、良い結果が出れば翌日の新聞やワイドショーでも取り上げられるでしょう。
当然、競馬に興味を持つ人が増え、競馬に造詣の深い人は職場や友人との会話で質問攻めに遭うでしょうね。

しかし、これまでの話題性&動向を思い返してみると、例えば『エアギター』の世界大会で入賞した金剛地武志さんや、優勝したダイノジ大地さん。
その頃には『エアギター』なんて言葉すら聞いたこと無かった人が多かったかと思いますが、当時はテレビや雑誌で引っ張りダコな人気を博していました。
ところが、現在も日本各地でエアギターのイベントが開催されて盛り上がっているのかと言えば肯定しにくく、そもそも彼ら自体が第一線での露出が多いとは言えません。
ヨーヨーの世界チャンピオンやホットドック早食いの小林タケルさん(←理由はいろいろありますが…)、女子サッカーリーグへの関心度も同様です。

そもそも、競馬界においても、ドバイワールドカップを勝利したヴィクトワールピサの名前を、凱旋門賞の生中継を視聴する一般視聴者の何人が覚えているのでしょうか?
競馬の人気上昇&売り上げアップを狙うチャンスなのは間違いありません。
この起爆剤をどのように有効活用できるのか?
偉い人たちの腕の見せ所ですな~。

また、せっかくテレビで『悲願達成』を強調するならば、競馬に1~2年しか携わっていないようなキャスターへレポートさせたり、お笑い芸人やアイドルを出演させて華をそえるよりも、マニアックな競馬業界人で布陣を固めて、ビシッと品格を高めて欲しかったんですけどね。
世間的に知名度が弱いからこそ、「ちょっwwwおまえら、誰も知らないうちに、ずっと勝てるまで何十年も見続けていたのかよwwwww」というシンプルかつ重厚感のある説得力が加わります!
あと、『ディープインパクトの無念を晴らす』という文言を見かけますが、理屈から考えると『凱旋門賞に勝つこと』ではなく、『厩舎スタッフが誤って馬房に薬をブチ撒けないように気をつける』って意味になりますよね(笑)

とにもかくにも、頑張れオルフェーヴル!頑張れキズナ
まぁ、いくら日本人といっても、ロードホースクラブの経営陣たちは「どうか日本馬が負けてロードカナロアが年度代表馬になれますように!」と祈っているのかもしれませんが…。
 
◆昨年の参考記事◆
【競馬】今週の重賞データ【今週も3日間開催】
【競馬】毎日王冠の予想【優勝馬主には王冠が贈られます】
【競馬】京都大賞典の予想【そして誰も居なくなった…】
【競馬】今週の重賞回顧【凱旋門の季節に池添が満開】
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ↓訪問&閲覧していただきましてありがとうございます。
 ↓『戻る』や『タブを閉じる』その前に!
 ↓どうぞランキングバナーのクリックをお願いします(^0^)♪
_にほんブログ村 競馬ブログへ_ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

FC2blog テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

【2013/10/05 10:18】 | 競馬データ分析
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。